top of page

「まだ元気なうちに」が大切!孤独死を避けるために、どんなことができますか?

高齢化社会における孤独死を避けるためには、以下の要素が重要です。それぞれについて具体的な対策と関連情報をまとめました。


家族や友人とのつながり

家族の存在

  • 家族との交流: 家族がいるというのは素晴らしいことです。現代社会では家族の関係が疎遠になりがちですが、定期的に連絡したり訪問したりして、家族とのつながりを維持しましょう。遠くに離れて住んでいる場合でも、ビデオ通話などを活用できます​ (内閣府ホームページ)​。

友人の存在

  • 友人との交流: 友人や近隣住民とのつながりを大切にし、定期的に交流することも孤立を防ぎます。地域のコミュニティ活動に積極的に参加してみることが有効です​ (介護ポストセブン)​​ (みんなの介護求人)​。

いざという時に連絡できる人の存在

  • 連絡できる人: 家族や友人、先生、お隣の人、民生委員、自治会長さんなど、誰でも良いので、何かあった時に「助けて」と連絡できる人を、少なくともひとり見つけてください。その人とのつながりを大切にしてください。人に頼ることに気が引ける人もいますが、人間は社会的な生きものです。私たちはみな宇宙船地球号の一員として、お互いに支え合って生きています。あなたのことを助けたいと思う人が必ずいることを信じてください。​


健康的生活の維持

身体的健康

  • 慢性疾患や身体機能の障害の有無: 自立した日常生活を送ることに不安がある場合は、適切な医療・介護サービスを早めに利用することが必要です。まだまだ大丈夫と思いがちですが、まだ元気なうちに、行政の窓口や自治会に相談して、支援を受けることが大切です​ (みんなの介護求人)​。

  • 健康的な生活習慣:高齢になればなるほど、正しい生活習慣は大きな意味を持ちます。水分を十分にとり、バランスの良い食事と運動をし、きちんと睡眠をとることによって、筋力や可動域、免疫機能や消化機能を維持し、自立した日常生活をより長く楽しめるだけではなく、ケガや認知症を予防することにもつながります。

精神的健康

  • うつ病や認知症: うつ病や引きこもり、認知症の症状がある場合も、出来るだけ早く行政の窓口や、自治会に相談してください。地域のメンタルヘルスサービスなどを通して、必要な支援を受けることができます。​ (みんなの介護求人)​。

個人の性格

  • 社交的か内向的か: 内向的な性格の人は、人とかかわるのが苦手ですが、少しずつでも活動を増やし、社会との接点を増やす工夫が必要です。天気の良い日は外を散歩することがきっかけになる場合があります​ (介護ポストセブン)​。


経済状態の安定

  • 低所得: 極端に所得が少ないと、健康的な日常生活の維持が難しくなります。行政や自治会の窓口を通して、基本的なセイフティーネット、生活保護や各種支援制度の利用を検討してください。また、NPOや地域団体からの支援が受けられる場合があります​ (みんなの介護求人)​。基本的なこととして、収入が多くても少なくても、収支のバランスをとることは非常に大切です。

  • 健康保険の有無: 公的な健康保険や福祉サービスを利用し、必要な医療・介護を受けられるようにしましょう。


仕事や趣味

仕事

  • 再就職やボランティア活動: リタイア後の再就職は、これまでの就職環境と大きく変わるかもしれません。しかし、社会とのつながりを保つために、高齢者向けの再就職、職業訓練やボランティア活動などに積極的に参加することが大切です​ (Cabinet Office Japan)​。

趣味

  • 趣味の有無: 趣味やサークル活動を通じて、同じ趣味を持つ仲間と交流することで、社会的孤立を防ぎます​ (介護ポストセブン)​。


住宅環境

居住地

  • 都市部か地方か: 都市部では、近隣とのつながりが希薄になる傾向がありますから、自治会などのコミュニティに積極的に参加することが重要です。地方では、近隣とのつながりがあっても、交通手段や医療機関へのアクセスを確保するための支援が必要な場合があります​ (内閣府ホームページ)​。

住居の状態

  • 住居のバリアフリー化: 老朽化した建物や設備、また若い時には問題なかった段差などが、高齢者になると生活の障害や事故のリスクになり得ます。元気なうちに行政や自治会に相談すれば、補助金制度などを利用して、住宅環境を改善できる場合があります。バリアフリー化を進めることで、安全性が高まり、想像以上に日常生活が快適になるでしょう。


公共サービスの活用

医療や介護サービス

  • 地域の介護サービスとのつながり: 早くから、民生委員や地域包括支援センターとのつながりを作っておくことは大切です。そうすれば、必要な時に支援を受けることができます​ (みんなの介護求人)​。

コミュニティ

  • 地域のボランティアグループや包括ケアシステム: 地域のボランティア活動や包括ケアシステムにも機会があれば出来る限り参加し、社会的つながりを維持します​ (介護ポストセブン)​​ (みんなの介護求人)​。


情報ツール

デジタル技術の利用

  • スマホやインターネットの活用: 「年寄りだからスマホは苦手」と言っていた方も、パズルゲームなどをきっかけに、簡単に使えるようになることがあります。ネットを通して人とつながったり、情報収集を行なったりすることも、社会的孤立の防止に役立ちます​ (みんなの介護求人)​。


高齢者の孤独死を防ぐためには、社会的つながりの維持、健康状態の維持、経済的安定が不可欠です。また公共サービスの利用や、情報ツールの活用も非常に大切です。これらの要素をバランスよく支援することで、高齢者が安心して生活できる環境を整えることができます。「まだ元気だから大丈夫」と思いがちですが、「まだ元気なうちに」各種サポートや地域活動に積極的に参加し、孤独感を軽減する努力が必要です。

Comments


bottom of page