top of page

85%検知可能!?スマートメーターとデナリ・ボッツを組み合わせることで、認知症の進行や生活の不調、孤独死の前兆を、どれほどの精度で検知できますか?

この問題に答えるには多くの要因を考慮する必要がありますが、以下の一般的な評価基準に基づいて点数をつけてみたいと思います。


評価基準

  • 認知症の進行:異常な行動パターンを検出する能力

    • 外出:不規則な外出、昼夜を問わず徘徊の疑い

    • 活動:不規則な生活、昼夜の逆転

    • 家電:消し忘れによる長期のつけっぱなし

  • 生活の不調:日常生活の変化や異常を検出する能力

    • 外出:社交的な外出、買い物やゴミ出しといった基本的な外出も減少

    • 活動:不規則な生活、昼夜の逆転

    • 食事:料理をしない、食事が不規則、食事を忘れるなど

    • 家電:換気や空調をせず、部屋にこもりがち、室内での移動も減少

  • 孤独死の前兆:長時間の異常な行動や無反応状態を検出する能力

    • 外出:長期間に渡って外出せず、部屋にこもっている

    • 活動:CO2濃度の変動がなくなる

    • 家電:昼夜を問わず、長時間変動がない(つけっぱなしか不使用)

1. 人間の目で実際に付き添って知る場合(100点)

人間が実際に付き添って観察する場合は、認知症の進行、生活の不調、孤独死の前兆を非常に正確に把握できます。感情の変化、微妙な行動の変化、身体的な異常なども直接観察できるため、最も正確です。


2. スマートメーターだけの場合(60点)

  • 認知症の進行: 50点

    • 電力使用パターンの変化は検出可能ですが、細かな行動の変化を捉えるのは難しいです。

  • 生活の不調: 60点

    • 日常の電力使用量の変動からある程度の生活リズムの変化を検出できます。

  • 孤独死の前兆: 70点

    • 長期間の電力使用の低下や不使用を検出できますが、他の要因との連携がないため限界があります。


3. デナリ・ボッツだけの場合(70点)

  • 認知症の進行: 60点

    • CO2レベル、温度、湿度の変化から間接的に活動の低下や異常を推測できますが、直接的な変化はわかりにくいです。

  • 生活の不調: 70点

    • 室内環境の変化から生活の変化や不調をある程度推測できます。

  • 孤独死の前兆: 80点

    • CO2レベルが急激な変化や異常な温湿度から異常事態を検出できます。


4. スマートメーターとデナリ・ボッツをセットで利用した場合(85点)

  • 認知症の進行: 75点

    • スマートメーターの電力使用パターンとデナリ・ボッツの環境データを組み合わせることで、異常行動の検出精度が向上します。

  • 生活の不調: 80点

    • 日常の生活リズムの変化をより詳細に把握できます。

  • 孤独死の前兆: 90点

    • 両方のデータを組み合わせることで、長時間の無反応状態や異常環境の検出がより正確になります。

結論

人間の目による見守りには及ばないものの、スマートメーターとデナリ・ボッツを組み合わせて監視してアルゴリズム分析をすることで、正常時、異常時、危険時についてかなり高精度で具体的なモニタリングができ、助けが必要な状況にある人を、孤独死に至る前に検知できる可能性があります。


これは、あくまでもAIを利用した予測です。しかしながら、人間による見守りを100点とした場合に、85点の見守りが実現できるとは驚きでした。技術の進歩とデータの統合により、高齢者の安全と健康管理に大いに役立つことが考えられます。

Comments


bottom of page