top of page

ペットオーナーのための室内環境監視

更新日:4月26日




可愛いペットたちにも、元気に気持ちよく暮らしてもらいたいですよね。ペットの健康と快適を見守るためのテクノロジーを紹介します。


1. ペット専用カメラ

ペット専用カメラは、遠隔地からでもペットの様子を確認できます。多くはビデオ通話機能や、ペットに話しかけることができる音声機能を備えています。ペットが一人でいる間の様子を把握できるだけでなく、必要に応じて安心させるために声をかけることもできます。


2. 温度監視システム

温度センサーを使用して、ペットが快適な室温で過ごせるように監視します。スマート家電システムを用いて空調を操作すれば、高温または低温に対処できます。


3. 自動給餌器・給水器

自動給餌器や給水器は、設定した時間にペットに餌や水を供給します。忙しいオーナーでもペットの食事と水分補給のタイミングを正確に管理できます。


4. ペットドアの自動化

スマートペットドアは、マイクロチップや特別な首輪タグを使用してペットを識別し、特定のペットのみが出入りできるように制御します。不要な動物の侵入を防ぎつつ、ペットが自由に出入りできるようになります。


6. ペットの健康と活動トラッカー

ペット用のウェアラブルデバイスで、ペットの活動量や睡眠の質、場合によっては心拍数を監視します。ペットの健康状態や活動パターンを把握し、異常があった場合には迅速に対応できます。


「デナリ・ボッツ」はペットの見守りにも使用できますか?


温湿度センサーとして、利用できます。

「デナリ・ボッツ」が計測した温湿度情報を用い、スマート家電などと連携すれば、ペットの室内環境を調整することができます。


CO2濃度にどのような影響がありますか?

ペットも呼吸によってCO2を排出しますが、その排出量は、一般的にペットの体重に比例すると言われています。つまり、ネコや小型犬が排出するCO2は、人の約8から10分の1になり、人間と比較すると、室内のCO2濃度に与える影響は限定的であると言うことができます。

Comentários


bottom of page