top of page

見守りツールにとって必要となるコンテキストとはなんですか?




「コンテキスト」とは、ある情報や事象を理解するために必要な背景、状況、環境のことを指します。情報や事象単体ではその意味や重要性が完全には理解されず、その周囲にある関連情報や状況を考慮に入れることで、より深い理解が得られるという概念です。断片的なアクションだけではなく、時系列に連続的な情報を取得できると、コンテキストの精度は向上します。


時間的コンテキスト:あるアクションが発生した時間(例:夜中に人感センサーが反応した)や、それが繰り返される頻度(例:毎日同じ時間に電気ポットが使用される)など、時間に関連する情報がコンテキストとなります。


環境的コンテキスト:アクションが発生した場所や環境(例:リビングでの電灯の使用、寝室での人感センサーの反応)や、外部環境の変化(例:気温の変化によるエアコンの使用)など、環境に関連する情報がコンテキストです。


個人の状態や習慣に関するコンテキスト:被見守り者の健康状態、生活習慣、好み、日常的な行動パターンなど、個人に特有の情報もコンテキストに含まれます。


社会的・文化的コンテキスト:特定の社会や文化における習慣や祝日、イベント(例:正月やお盆などの特別な期間における行動の変化)なども、行動を理解するための重要なコンテキストとなり得ます。


このように、コンテキストは情報や事象を多面的に理解するための枠組みを提供し、より正確で深い洞察を可能にします。見守りツールにおいてコンテキストを考慮することは、単一のデータポイントではなく、その人の生活全体を把握し、適切なサポートや介入を行うために不可欠です。


デナリ・ボッツは、高性能センサーによって取得した情報に基づいて、コンテキストを加えた「意味のある情報」を、直感的に理解しやすい方法で、かつリアルタイムに提供します。

Comentários


bottom of page