top of page

スマートメーター情報を補うのに、どのような種類のセンサーを組み合わせることが最も実効的ですか?


認知症の進行、生活の不調、孤独死の前兆をより正確に知るため、どのような種類のセンサーや技術を組み合わせることが効果的でしょうか。

   ①動作センサー 

   ②バイタルセンサー 

   ③スマートウォーターメーター 

   ④SNSの利用 

   ⑤デナリ・ボッツ


それぞれのメリットとデメリット、そして最も有効的な方法について考えてみました。


① 動作センサー(人感センサー、スマートライト/ポット/ロックなど)

 メリット:

  • 行動の監視: 居住者の動きや活動を検知し、生活パターンを把握できます。

  • 異常検知: 異常な動きや無動作状態を迅速に検出できます。

 デメリット:

  • 検知の失敗:遮蔽物による検知の失敗や、特定の行動(例えば、ベッドで長時間横たわっている)が検出されない場合があるため、安定性に欠けることがあります。

  • 検知が限定的:検出の精度が一貫しない可能性があります。

    • 夏場はスマートポットを使用しない場合があります。

    • スマートライトをトイレに設置した場合、昼間は電灯を用いない、またトイレがリビングに接している場合には、夜間でも電灯を点けない場合もあります。

    • スマートロックそのものを利用しない場合は、居住者の動きが正確に反映されません。


② バイタルセンサー(心拍数、血圧、体温など)

 メリット:

  • 健康状態の直接監視:居住者のバイタルサインを直接監視でき、異常を早期に発見できます。

  • 緊急対応:急な健康状態の変化に対して迅速に対応できます。

 デメリット:

  • ユーザーが嫌がって取り外したり、装着を忘れたりするリスクがあるため、常時データを取得できない場合があります。

  • 導入と維持にはコストと定期的なメンテナンスが必要です。


③ スマートウォーターメーター

 メリット:

  • 日常活動の把握: 水の使用パターンから居住者の生活リズムや異常を把握できます(例:入浴やトイレの使用)。

 デメリット:

  • 限定的な情報: 水の使用だけでは生活全体の把握には限界があります。

  • 誤検知の可能性: 水漏れなどが誤検知の原因になることがあります。


④ SNSの利用

メリット:

  • 意思疎通: 居住者とのリアルタイムなコミュニケーションを通じて状況を把握できます。

  • ソーシャルサポート: SNSを通じた社会的サポートが提供できます。

デメリット:

  • プライバシーの懸念: SNSの使用を監視するにはプライバシーに関する懸念が伴います。

  • 技術の習熟度: SNSの利用状況には個人差が大きく、そもそもSNSを利用していない場合は参考にできません。


⑤ デナリ・ボッツ

デナリ・ボッツを利用したモニタリングが最も実効的であるという考え方には、以下の理由で妥当性があります。

メリット

  • より深く具体的な情報の取得:

    • CO2センサー: 入居者の在不在を把握します。部屋にいればCO2レベルが上昇し、外出時には低下するため、外出の頻度やタイミング、時間、また換気の有無など、活動的な生活を送っているかが分かります。

    • 温度・湿度センサー: 室内の温度と湿度の変化から、暖房や冷房の使用パターン、つけっぱなしや全く使っていないなどの異常を検出できます。

  • プライバシーの保護: デナリ・ボッツは空気環境のデータを取得するため、プライバシー侵害の懸念が少なく、居住者のプライベートな活動を直接監視することはありません。

  • ユーザー依存性の低さ: 電力メーターと同様に常設型で、居住者の特別な操作を必要としません。また、遮蔽物や居住者の特定の生活環境に影響されず、安定的、自動的に監視できます。


デナリ・ボッツが取得したデータを、スマートメーターが取得したデータを組み合わせることで、お互いのデータにより具体的なコンテキストが加わります。その結果、生活パターンの変化、活動の低下、生活の不調、認知症の進行が疑われる行動、さらには孤独死の前兆などにいたる見守りを実現できるのです。


したがって、実効的なモニタリング手段としてデナリ・ボッツが最も有力であると考えられます。


高齢者のひとり暮らし問題は、すべての人にとって「明日は我が身」の、喫緊の課題です。デナリ・ボッツは高齢化社会先進国の我が国において、私たちが「できる限り住み慣れた地域で、人間としての尊厳をもって暮らし続ける」ためのアイデアを提案します。

Comments


bottom of page