top of page

リモートワークを支える最適な室内環境の作り方

更新日:4月25日




「デナリ・ボッツ」は、快適で生産的なリモートワークをサポートします!


部屋にこもって長時間働いていると、室内のCO2濃度は驚くほど高くなることがあります。リモートワークにとって最適な室内環境を作るために、CO2濃度をしっかり管理することは、とても重要です。以下にその重要性について詳しく説明します。


1. 健康の維持

CO2濃度が高くなると、空気が「こもった」状態になり、酸素の供給が減少します。これにより、頭痛、疲労感、集中力の低下、不快感といった症状が現れることがあります。


2. 生産性の向上

研究によると、CO2濃度が高い環境は認知機能に悪影響を及ぼす可能性があることが示されています。特に、意思決定能力、問題解決能力、集中力が低下すると報告されています。


3. 快適性の向上

CO2濃度が適切に管理されている環境は、一般的に快適であると感じられます。作業環境が快適であれば、ストレスが軽減され、長時間の作業でも疲労感が少なくなります。


4. 長期的な健康リスクの軽減

連続してCO2濃度が高い環境にいると、長期的な健康問題が発生するリスクが高まる可能性があります。たとえば、慢性的な頭痛や不眠、高血圧など、生活の質を下げる症状が引き起こされることがあります。


5. 空調システムの最適化

暑い夏や寒い冬には、空調と換気を効率よく行わなければ電気代がもったいないです。適切にCO2濃度をモニタリングすることで、最適なタイミングで換気をしつつ、電気代も節約できます。


CO2濃度を適切に管理することが、リモートワークを行う上でのパフォーマンスと快適さを保つために、非常に大切であることが、良く分かりますね。


「デナリ・ボッツ」は、換気のタイミングをアプリとプッシュ通知で知らせます。


あなたの快適で生産的なリモートワークに、「デナリ・ボッツ」をお役立てください!


★追記

デスクの上に、グリーンを置いたり、アロマを置いたりすることも、リラックス効果、モチベーションと集中力アップの効果があるそうですよ!

Comentários


bottom of page